Previously on OIMSS

第4回大分社会科学学際研究会 (OIMSS)

日時 2018年7月18日(水)13:00­–14:30

報告者:小池澄人 氏(大分大学大学院経済学部研究科博士前期課程1年)

報告タイトル「物理主義による意識の自然化と認識ギャップ」

場所 大分大学旦野原キャンパス経済学部棟第12演習室

報告内容 

近年、心の諸科学の成果によって自然科学による心の理解は飛躍的な発展を遂げていると思われる。このような事実はわれわれに「自然科学によって心が完全に解明される日が来るかもしれない」という希望を抱かせる。このような考え方は、自然主義的であると言われる。しかし、心のひとつの側面である「意識」には、自然主義的に理解することが困難な側面が存在すると主張されることがある。その代表的な論者であるチャーマーズは、意識を自然主義的に理解するという課題を、「意識のハード・プロブレム」として提示する。チャーマーズは、意識のハード・プロブレムは物理主義の枠組みでは解決不可能であるとし、物理主義は偽であると論じる。

このような反物理主義的な主張に対して、物理主義者は何らかの応答を迫られている。物理主義者は意識の自然主義的な理解の可能性を示し、物理主義を擁護せねばならない。

本発表の目的は、チャーマーズの意識のハード・プロブレムと彼に代表される反物理主義者による物理主義への批判に対して、物理主義者がどのように応答することができるかを検討することである。

第4会OIMSSは初の院生発表でした。発表者が大阪大学人間科学部人間科学科に提出した卒業論文を本研究会のために再構成したもので、非常に活発な議論が行われました。

第3回大分社会科学学際研究会 (OIMSS)

日時 2018年5月17日(木)15:00­–17:00 頃

報告者:井川 純一 氏(大分大学経済学部)

報告タイトル「それって本当に燃え尽き? 典型的バーンアウトに関する多角的検討」

場所 大分大学旦野原キャンパス経済学部棟第1演習室

報告内容 

バーンアウトはFreudenberger (1974) による概念の提唱以来、「うつなどその他の精神医学的概念のラベルの張替えに過ぎない」という批判を浴び続けてきた。その理由として、現在一般に使用されている質問紙を用いたバーンアウトの測定法では、がんばりすぎた結果生じる典型的バーンアウトだけではなく、その他のストレス反応も混在して高バーンアウト傾向として測定されてしまうことが挙げられる。一方、この典型的バーンアウトがどのような状態なのか、またどの程度の割合で発生するのかについての検討はこれまでほとんど行われてこなかった。そこで、本発表では「典型的バーンアウトとはなにか?」をテーマに従来の横断的質問紙法に加え、概念の持つイメージに着目した調査、仮想的なカウンセリング場面を想定した実験室実験等を用いた一連の研究を紹介する。

日時 2018年3月23日(金)15:00-17:30

報告者:阿部 誠 氏(大分大学経済学部)

報告タイトル「地方圏に暮らす若者のキャリアを考える」

場所 大分大学旦野原キャンパス経済学部棟4階第12演習室

1990年代以降、日本の雇用情勢が厳しくなるなかで、若年失業者やフリーター、ニートなど若者の雇用問題やキャリア形成の難しさが、大きな社会問題となってきた。それは単に就職が難しいという問題にとどまらず、キャリアの展望がもちにくい、さらに、その結果として生活の展望ももてないという閉塞した状況にあるといえる。最近、労働情勢が改善し、若者の雇用環境も変化しつつあるとはいえ、企業の雇用管理が変化したなかで、若者のキャリア形成の難しさは大きくは変わっていないと思われる。

 そうしたなか、多様な雇用機会に恵まれない地方圏で暮らす若者のキャリアは、大都市圏の若者と比べても、いっそう展望を開くことが難しい。地方の雇用情勢が厳しいなかでも若者の地方への定着はむしろ強まっている。それでは、地方圏の若者はどのような就業行動をとり、いかなるキャリアを歩んでいるのであろうか。

 報告者は、こうした問題意識にたって、地方圏の若者にたいするヒアリング調査に取り組んできた。今回の報告では、東北地方、九州地方、そして沖縄県での調査の結果にもとづいて㈰地方圏の若者の地域的移動の変化、㈪地域の産業構造が若者の就業・キャリアに及ぼす影響、㈫地方圏の若者のキャリアの特徴と問題点、㈬若者のキャリア形成を阻害する要因などの点について論じる。

 なお、本報告の主要な部分については、次の文献を参照されたい。

  石井まこと、宮本みち子、阿部誠編(2017)『地方に生きる若者たち——インタビューからみえてくる仕事・結婚・暮らしの未来』旬報社、第3章

日時   2018年1月24日(水)16:00­–18:00

報告者:林 勇貴 氏(大分大学経済学部)

報告タイトル「ミュージアム評価と今後のあり方」

場所 大分大学旦野原キャンパス経済学部棟4階第12演習室

報告内容 

ミュージアムは資料の収集・保管、調査研究の他、利用者への展示や教育普及活動を基本的機能として持つ施設であり、わが国では芸術・文化に対する国民の関心の高まりとともに地域経済の活性化を果たす役割として注目されてきた。しかし近年の財政状況の厳しさから、多くのミュージアムが閉館を迫られたりとミュージアム政策の見直しが検討され始めている。その背景には、社会全体への貢献といった社会的価値や経済的価値などミュージアムの基盤となる活動が評価を通して顕在化されてこなかったことがあげられる。以上の問題意識から、本報告ではミュージアムから発生する多様な価値の評価を試み、今後のミュージアム政策のあり方を考える指針を提示する。